〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

【実録!】なぜ毛穴は目立つのか?まずは自分の毛穴トラブルを理解しよう

毛穴が詰まる・黒ずむ・開いている。

あの人の肌は自分と違って、キメ細かくなめらか。そして毛穴が目立ちにくいはなぜ?

肌の綺麗なモデルやインフルエンサーが使うスキンケアを片っ端から試すも、なかなか毛穴目立ちが解決しない。

毛穴が消える・ごっそり・溶ける系のパッケージに釣られて、色々試したけれど効果が無い。

ここでは、十年以上悩まされてきた毛穴問題を解消し、晴れてすっぴん肌を整えて脱ファンデすることができた私が、毛穴問題について解説したい。

スポンサーリンク

肌をきれいにするためだけに金と労力と時間を全力で注いだ結果、脱ファンデに成功して2年。効果があったこと、無かったことを発信。ファンデ無くても生きれる。アプリ加工無くても生きれる。好きなものはビールと魚卵。
化粧品成分検定1級
化粧品成分上級スペシャリスト
日本メイクアップ技術検定2級
美容師国家資格
薬機法医療法広告遵守 個人認証 YMAA認証マーク 111(37)

nananaをフォローする

改善されない毛穴悩みを改善したい人へ告ぐ

鼻の毛穴

まず最初に伝えたい。

長い間改善されない毛穴問題に悩み続けると、最終的に毛穴に良いと言われる高額なコスメや、SNSで話題となったバズリコスメ、フェイシャルエステに課金してしまいがちであるが、これは決して正解ではない。

そもそもの毛穴が目立つ原因を排除しないことには、化粧品や施術の効果によって一時的に毛穴が目立たなくなったとしても、同じ生活を続ければまた毛穴目立ちが復活する羽目になる。

これは私自身も何度も経験してきたことでもある。

毛穴が目立つ原因は未解決という問題

迷子の図

まず、初めに頭に入れておきたいのが、毛穴が黒ずんだり開いたりしてしまう毛穴トラブルの原因は、現代の美容や医療では確実に特定することが出来ない。

これは、未解決問題なのだ。

正確に言うと、確定出来ないというよりも、毛穴が目立つ原因となる要素があまりにも多すぎで確定しにくいという問題があり、その原因となる要素も科学的な根拠は無い為はっきりとこれが原因だ、と言いにくいのだ。

  • 遺伝の問題
  • 食事・睡眠といった生活習慣
  • 間違ったスキンケア
  • ターンオーバーの乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • メンタルの乱れ
  • 加齢の問題
ヘルシーライフ

以上が、私たちの肌に関係するかもしれない要素の事例であるが、非常に曖昧で肌悩みの解決に繋がるにはあまりにも遠すぎるということが分かる。

では毛穴の目立たないなめらかな肌へ導くためにはどうすればいい?原因を知るにはどうする?何を使えば良くなる?

まず、おすすめしたいのが「自分の毛穴の状態を正しく理解する」ということである。

自分の毛穴の状態を理解すると、無数に存在する原因から、確実ではないがある程度原因を予想することが出来る。

原因が予想出来れば、必然的に解決への道は開けるのだ。

あなたの毛穴はどう目立つ?毛穴タイプについて知ろう

毛穴の種類

毛穴が目立つ、と一言で言ってもその状態は様々で、毛穴の状態によってはスキンケアの方法や必要な物・不必要な物が全く異なる。

毛穴が気になるから、毛穴ケア出来ると謳っている化粧品を手にするのではなく、毛穴がどのような状態をしているのか、何が原因でこうなっているのか、毛穴を目立たなくさせるために必要な成分はどんなものか、を深堀してから始めてスキンケアをする段階に入るのだ。

毛穴目立ちが気になる肌に起きている毛穴の状態は以下の通り。

  • 毛穴の詰まりによって毛穴が目立つタイプ
  • 毛穴の黒ずみによって毛穴が目立つタイプ
  • 毛穴の開きによって毛穴が目立つタイプ

目立つ毛穴はざっとこのようなタイプに分類することができる。

そして、決して誤解してほしくないのが原因も分からないまま「毛穴の中にある、毛穴を目立たせている何か」を取り除こうという行為を安易に行うこと。

毛穴が気になるから毛穴をどうにかする、のは少し待ってほしい。

手段を早めると、余計に毛穴トラブルが悪化する可能性が極めて高い

毛穴がどんな風に気になるか?何が原因かをまず紐解く事が先決だ

詰まり毛穴の原因と見分け方

詰まり毛穴
  • ベースメイクをすると毛穴がポコッとする凸
  • お風呂上りや洗顔後、小鼻の周りに白いものが浮き出ている
  • ピンセントでつまんだり、タオルで擦ると簡単に取れて毛穴のポッカリ穴が目立つ

毛穴が何かで詰まっている、ファンデーション?汚れ?だから取り除こうと頑張るけれども、なかなか取れない。

お風呂上りはふやけているせいか、取れやすい。

しかし取れたとしても、気付けばまた復活している。

そんな毛穴詰まりの正体はずばり「角栓」である。

では角栓とは何か。

角栓の正体はタンパク質70%と油分30%で構成されている物体で、タンパク質にあたるのが角質のこと。

油分30%は皮脂や、メイク汚れ等が該当する。

なぜ角栓が出来る?

ターンオーバーの仕組み

角栓が出来やすくなっている肌には以下の特徴が見られやすい。

  • ターンオーバーの乱れ
  • 皮脂の過剰分泌

通常、私たちの肌はターンオーバーという28日~45日周期で肌の細胞が新しいものへと生まれ変わる生理機能によって循環している。

しかし、様々な原因でこのターンオーバーが乱れてしまうと、通常よりも早い段階で、新しい細胞が未だ出来上がっていないのに角質が剥がれてしまう現象が起き、これによってお肌は慌てて新しい細胞を作ろうとして、「未熟な角質層」が量産されてしまうという事態が勃発する。

これを異常角化と言う。

毛穴詰まりが起きている肌には、異常角化によって、未熟な角質層が毛穴に詰まり角栓となっている可能性が極めて高い。

異常角化が起きてしまう原因

角栓をピンセットでつまむ

ターンオーバーが乱れる=長くなる原因には、喫煙や睡眠などの生活習慣・加齢・紫外線など様々な問題が複雑に絡み合っている。

しかし、ターンオーバーの周期が逆に早くなって起きる異常角化については、間違ったスキンケアによる要因が考えられる

  • クレンジング・洗顔・拭き取り化粧水など汚れをオフする工程が多い
  • ピーリングやスクラブマッサージを入念に行う
  • 角栓を取り除こうとピンセットでつまみだす
  • 毛穴パックを行う

これによって、肌質によっては毛穴周りの皮膚が炎症を起こしてターンオーバーを異常に早めてしまっているという可能性が一つ考えられる。

また、化粧品メーカーであるKOSEの研究では、肌の乾燥によっても角栓が出来やすくなる構造が出来上がるという。

角質同士は「手」(コルネオソームという細胞間内構造物)をつないでいます。剥がれ落ちる際には、この繋いだ手を離し、古くなった角質はアカになって剥がれ落ちていきます。その手をスムーズに離すために働いているのが酵素なのですが、酵素は「水」がなければ働きません。乾燥して水分不足の角層では、酵素は働かず、そのため手は離れず、繋いだままになります。つまり、角質が未成熟化して積み上がってしまうのも「乾燥」が原因であり、そして積み上がった角質同士の繋いだ手が離れないのも「乾燥」が原因なのです。

https://maison.kose.co.jp/article/g/gskincare-20190726/

肌質によっては、角栓を除去するために洗顔を頑張ると肌は乾燥する可能性も。

これによって、さらに角栓が除去しにくいという状況に陥る可能性が考えられる。

角栓は一度出来ると出来やすい無限ループに

角栓イラスト

人は一度角栓が詰まると、徹底的に除去しにかかる。

洗顔やクレンジングに力を入れて、スキンケアに死に物狂い。

しかし、この角栓ケアルーティンが逆に角栓を増殖させる、という負のループに陥っている可能性があることを早急に知ってほしい。

老舗化粧品メーカーである資生堂の研究では、異常角化が起きている肌はそうでない肌と比べると毛穴がすり鉢状の形状をしており、皮脂(不飽和脂肪酸)の分泌量も比較的高い傾向に見られるというデータを発表している。さらに、健康な肌に不飽和脂肪酸であるオレイン酸を塗布すると、キメが乱れて異常角化のトリガーになるということが判明。

つまり、角栓や毛穴トラブルをケアしようとすればするほど

  • 角栓が出来る→必死に除去しようとする→炎症・乾燥が進む→肌が乾燥を補おうと皮脂分泌過剰に→ターンオーバー促進で未熟な角質増産→毛穴に詰まる→

という、負のループに陥ってしまっている可能性が高い。

詰まり毛穴を解決するために必要なこと

スキンケアする女性

毛穴詰まり=角栓の大量生産ループをケアするためには、まず普段自分が行っているスキンケアの見直しをすることから始めよう。

  • ファンデ・下地は毛穴に詰まりやすい成分を避ける
  • 保湿をしっかり行い肌にうるおいを与える
  • 摩擦は極力避ける
  • W洗顔は避け、基本はクレンジングのみ※肌質による
  • 朝はぬるま湯洗顔を行う※肌質による
  • グリシルグリシン配合のスキンケアアイテムを使う

皮膚のバリア機能が低下したお肌は、老廃物を排出する機能も低下している。

特に乾燥した部分は、肌の柔軟性が低下している為、毛穴の汚れが排出しにくい。

このため、まずは肌質によっては毛穴に詰まりやすいかもしれないベースメイクに含まれる成分を極力避けてみるのも一つの手。

次に、洗顔は必要性低減に摩擦を避けて保湿に専念することがターンオーバーが異常に早い周期によって起こる異常角化を改善する近道となる。

しかし、洗顔方法は乾燥肌・脂性肌など場合によって異なるということを念頭に置いていただきたい。

洗顔する女性

※例えば、混合肌は、乾燥している部分と、皮脂が気になる部分とで洗顔方法を変えるべきだし、ニキビ肌・脂性肌は、顔の皮脂をきちんと洗顔で除去しないとニキビが悪化したりするケースもあるため、場合によってはW洗顔・朝は洗顔料を使った洗顔が推奨されている。

nanana
nanana

私は混合肌なので、皮脂の出やすい額・顎周り・小鼻だけ洗顔料を使って洗顔するし、乾燥しやすい季節にはぬるま湯洗顔のみに切り替えたりと肌状態に合わせてスキンケア方法も見極めている。

詰まり毛穴におすすめのスキンケアはこちら

nanana
nanana

グリシルグリシンは異常角化のスイッチをオフにし、角栓の無限ループに終止符を打つ成分。

角栓がどんどん復活してどうしよう!っていう時にぜひ取り入れたい成分である。

黒ずみ毛穴には種類がある?原因と見分け方

気になる毛穴

次に、毛穴悩みで多い現象が「毛穴の黒ずみ」である。

毛穴の黒ずみと一言で言っても、これには

  • 毛穴に詰まった角栓が酸化し、黒ずんで見える角栓の黒ずみ毛穴タイプ
  • メラニンの蓄積によって起きる「メラニン毛穴タイプ
  • 産毛によって毛穴が黒く見える産毛毛穴タイプ

と、大きく分けて3種類が存在する。

触るとザラザラする。角栓黒ずみ毛穴のメカニズムと原因

黒ずみ毛穴
  • 毛穴が黒ずんでいる&詰まっている
  • ベースメイクをするとポコッと目立つ凸
  • ファンデーションによってはカバーしきれない

角栓黒ずみ毛穴は、その名の通り、毛穴に詰まった角栓が長期に及び毛穴の中に留まり、酸化して黒ずみことによって起きる毛穴悩みである。

角栓黒ずみ毛穴のそもそもの原因は、先ほど毛穴詰まりのメカニズムで解説したようにまず、角栓が出来てしまうことによって起こる。

根本的なメカニズムは角栓による毛穴詰まりと同じであるが、詰まった角栓を除去する→また角栓が出来る、といった角栓が大量生産される毛穴詰まりとは違い、詰まった角栓が取れずにとどまる事によって起きていると考えられるのが角栓黒ずみ毛穴である。

なぜ黒ずみ角栓が居続けるのか?

乾燥肌の仕組み

角栓が黒ずむまで居座る原因は、肌の水分量が低い=乾燥していることで毛穴の角栓が上手く排出されずにゴワゴワした状態で留まってしまっている可能性が考えられる。

また、肌の細胞が入れ替わる仕組みである肌のターンオーバー周期が長い可能性も考えられ、これによって肌の入れ替わりが上手く機能せず、いつまでも角栓が居座り続けている可能性も。

さらに、クレンジングとベースメイクの相性が悪いとベースメイクが毛穴に残り、毛穴の黒ずみ角栓が悪化してしまうというケースも考えられる。

ベースメイクとクレンジングの関係性

クレンジングする女性

少し前までは、メイクがするっと落ちやすいオイルクレンジングが実は、必要なお肌の潤いまでをも除去するから悪である、という説が浸透していた。

よって、クレンジングは肌負担の少ないミルクやジェルが良いと美容雑誌やSNSなどで取り沙汰されているが、クレンジングに重点を置くよりも実はクレンジングとベースメイクの相性に重点を置く必要があるのだ。

皮脂で落ちにくい、皮脂崩れ防止系の最強ファンデや化粧下地は、皮脂=油でも落ちにくいのだから、ミルクやジェルで完全に落ちるとは考えにくい。クレンジングオイルでさえも、肌負担の少ない天然成分由来の油脂系のクレンジングオイルなど、モノによっては落ちにくい。

毛穴詰まりをケアするには、そもそも自分の使っているベースメイクとクレンジングの相性の良さが必要不可欠である。

詳細は下記を参照してほしい。

除去しても解決できない。メラニン毛穴の原因

メラニン毛穴
  • 角栓ケアや黒ずみケアなど、ケアをしてるのに毛穴が目立つ
  • 毛穴自体には詰まりを感じない
  • 黒いというより、毛穴自体が茶色っぽく見える場合も
メラニンの仕組み

黒ずみ毛穴の中でも、最も厄介なのがメラニン毛穴。

実際には、汚れが詰まっているわけでも無いのに毛穴周りの皮膚がメラニンによって色素沈着してしまい、必然的に毛穴が黒ずんで見えるタイプ

なぜ毛穴周りの皮膚が色素沈着を起こし、毛穴が黒ずんで見えるのかというと、通常私たちの皮膚は、紫外線や摩擦・皮脂の酸化等の外的刺激を受けることによって、これに反応したメラノサイトが皮膚を守ろうとメラニン生成が過剰に行われるという生理機能が備わっている。

シミ・そばかすは、まさしく紫外線の影響でメラニンの生成が過剰に行われ、メラニンが皮膚の上に出てきているという状態

また、下着の擦れによって下着のライン下にある皮膚が周りの皮膚と比べて黒ずんで見えたり、ニキビ跡が茶色っぽく見えるのも、摩擦による外的刺激によってメラニン生成が盛んに行われて起きる色素沈着なのだ。

間違ったスキンケアがメラニン毛穴を加速させる?

ピンセットの種類

自分の毛穴の黒ずみが気になる、だから詰まりを取ろう、黒ずみを除去しようと、本当はメラニン毛穴であるのに何かが詰まっていると勘違いして必要以上に毛穴に負荷をかけるスキンケアを繰り返してしまう事例が後を絶たない。

これによって、スキンケアによる摩擦という外的刺激を受けた毛穴周りの皮膚は、改善されるどころかさらにメラニンの過剰分泌を促すことに繋がる可能性が極めて高い。

毛穴の汚れ、と思ったら毛だった。産毛毛穴タイプ

産毛毛穴
  • 毛穴内部の黒いものを取ろうとしても取れない
  • 角栓ケアや黒ずみケアなど、ケアをしてるのに毛穴が目立つ

結構多いのがこれ、産毛によって毛穴が黒ずんで見える産毛毛穴タイプである。

元々手足の体毛が太く濃い人や毛深い人が毛穴の黒ずみに悩んでいる場合、産毛毛穴の可能性が高い。

汚れが詰まっていないのに、必要以上に毛穴ケアに徹することで、皮膚に負担を与えてメラニン毛穴へ移行するケースも考えられるので注意したい。

黒ずみ毛穴を解決するために必要なこと

肌を気にする女性

角栓の黒ずみ毛穴タイプ・メラニン毛穴タイプ・産毛毛穴タイプ、見た目は同じ毛穴の黒ずみでもスキンケア方法はそれぞれ異なる部分がある。

毛穴の黒ずみを誤解すると、せっかく丁寧にケアしても改善しないどころか悪化するケースもあるので自分の黒ずみを把握したうえでスキンケアに取り掛かろう。

角栓の黒ずみ毛穴タイプのスキンケア方法

クレンジングする女性
  • ファンデ・下地は毛穴に詰まりやすい成分を避ける
  • 保湿をしっかり行い肌にうるおいを与える
  • 摩擦は極力避ける
  • W洗顔は避け、基本はクレンジングのみ※肌質による
  • 朝はぬるま湯洗顔を行う※肌質による
  • 油脂系クレンジングで肌の柔軟性を高める
  • ビタミンCをスキンケアに取り入れる

角栓の黒ずみタイプは、まず、角栓や毛穴の汚れがいつまでも排出されずに留まってしまうという問題点を解決する必要がある。

これに直結するのが肌の柔軟性を取り戻すこと

乾燥して肌の水分量が低く、柔軟性に欠けたお肌は肌荒れや毛穴が目立つ原因になる可能性も。

保湿はもちろん、クレンジングオイルは、肌負担が無く、肌に柔軟性を与える効果のある油脂系クレンジングの使用がおすすめ。

また、ビタミンCは皮脂のバランスを整えて毛穴を目立たなくさせてなめらかに整えるおすすめの成分

nanana
nanana

詰まり毛穴のケア方法にプラスして、肌のターンオーバーをサポートすること、肌の柔軟性を高めて汚れを排出しやすくすることが重要。

クレンジングは油脂系一択。他にはビタミンCをスキンケアに取り入れるのがおすすめ。

メラニン毛穴タイプのスキンケア方法

日焼け止め
  • 紫外線対策の徹底
  • 保湿をしっかり行い肌の水分量を高める
  • 摩擦は極力避ける
  • W洗顔は避け、基本はクレンジングのみ※肌質による
  • 朝はぬるま湯洗顔を行う※肌質による
  • ビタミンCをスキンケアに取り入れる

メラニン毛穴のケア方法は、とにかく紫外線&刺激を与えないこと

毛穴が黒ずんでるから毛穴ケアをしないと!という概念をまず捨てて頂きたい。

洗顔もスキンケアもなるべく摩擦を加えないように優しく行い、保湿とビタミンC配合のアイテムで肌のターンオーバーをサポートし、肌をなめらかに整えてあげることが重要だ。

nanana
nanana

摩擦レスのケアの徹底&肌のターンオーバーをサポートしてなめらかに整える必要あり。

あと、メラニン毛穴の場合紫外線対策は特に力を入れて!日焼け止めの塗り忘れ、なんてことが絶対に無いように注意しよう。。

産毛毛穴タイプの解決方法

エステを受ける女性

産毛による毛穴の黒ずみは、スキンケアでどうこうするよりもエステや医療で顔脱毛を施術するのがおすすめ

自分も、必死に毛穴ケアをしても改善されない小鼻の黒ずみの正体は産毛だった、という経験がある。

無理に自分で毛を抜いてしまうと、毛穴周りが炎症を起こしてメラニン毛穴へ悪化する可能性もあるので、注意しよう。

おすすめは、手っ取り早くエステで脱毛の施術を受けること。

エステだと、痛みもなく光フェイシャルの効果でお肌のコラーゲンの活性化も叶いハリ感も出ため、脱毛と言うよりフェイシャルエステを受けている感覚で産毛ケア出来るのが良い。

あと安い、というのが利点であるが通う回数は医療と比べて若干伸びるというデメリットもあり。

nanana
nanana

顔だけの脱毛だとかかる時間と金額も圧倒的に低い見積もりで行えるから、全身や他の部位と比べるとハードルも低い。

開き毛穴にも種類がある?原因と見分け方

みかんの皮

何も詰まってはいないけど、毛穴の開きが気になる

毛穴ケアをしているけれど、開きが改善されない。

そんな毛穴の開きにも、

  • 肌のハリ感が低下することによって起こる「たるみ毛穴
  • 皮脂分泌の過剰によって起きる「開き毛穴

と、大きく分けて2パターンが存在する。

たるみ毛穴の特徴と原因

たるみ毛穴
  • ポッカリ丸く開いているというよりも、毛穴が楕円形に開いている
  • 皮膚を伸ばしたり、顔を上向きにして鏡を見ると毛穴の開きが目立たなくなる

毛穴自体がたるんでいると、ポッカリと丸く開くというよりも、切れたような形で横に伸びた状態に見える。

皮膚を引っ張ってみると毛穴が目立たなくなる、というなら皮膚のハリ感低下によって毛穴が開いてしまうたるみ毛穴の可能性が考えられる。

肌の断面図

肌のハリ感が低下し弾力が失われる原因は、加齢はもちろんのこと、皮膚の乾燥・紫外線ダメージ・摩擦等によって、肌内部のコラーゲン自体が減少し、肌にハリがなくなって毛穴がゆるんでしまう可能性が第一に考えられる。

皮脂も気になる。開き毛穴の特徴と原因

開き毛穴
  • 毛穴が丸く開いている、同時に皮脂でテカっている
  • 生理前など、勃発する頻度がまちまちになることも
  • 小鼻だけでなく頬も開きやすい

原因はただ一つ、皮脂の過剰分泌が原因によって起きる開き毛穴である。

では、皮脂の過剰分泌ってなぜ起こる?考えられる要因は以下の通り。

  • 生理前などのホルモンバランスの崩れによって皮脂が出やすくなる
  • 紫外線・乾燥・摩擦等によって、肌のバリア機能が崩れて皮脂が出やすくなる
  • そもそも脂性肌でテカりやすい肌質

皮脂が単に過剰に分泌されている、といってもこれに付随して考えられる様々な要因。

自分も、生理前になると毎回毛穴の開きが気になる。

さらに注意したいのが、皮脂が気になるから徹底的に除去しようとすると、肌の乾燥が進み、かえって肌が皮脂を分泌しようといる生理機能が活発になるから悪循環になる場合も。

開き毛穴を解決するために必要なこと

ベッドの上でスキンケア

ハリ感低下によるたるみ毛穴と、皮脂分泌によって起こる開き毛穴。

それぞれ原因が異なるように、スキンケア方法も全く異なるから注意しよう。

たるみ毛穴タイプのスキンケア方法

レチノール美容液
  • 紫外線ケアを欠かさず行う
  • 保湿をしっかり行い肌にうるおいを与える
  • 摩擦は極力避ける
  • W洗顔は避け、基本はクレンジングのみ※肌質による
  • 朝はぬるま湯洗顔を行う※肌質による
  • レチノール配合のスキンケアを取り入れる

なぜ肌のハリが低下してしまうのかというと、紫外線ダメージによる肌老化説が有力だ。

私たちのが老化する原因の八割が光老化といって紫外線によるダメージが大きく関係している。

紫外線にはUVA・UVBという二種類の波長が存在し、UVBはいわゆる日焼け・シミの根本的原因となる波長であり、UVAは肌内部の真皮コラーゲンを破壊してしまう一番厄介な波長である。

紫外線の種類

たるみのメカニズムはコラーゲンの減少によるもの。

これを最大限にブロックするには、日焼け止めに記載されていPAという数値を重視しよう

ラロッシュポゼの成分

SPFはUVBへのブロック指数をPAはUVAへのブロック指数を表現している。

nanana
nanana

PA++++など、なるべく+が多く記載されている日焼け止めがおすすめ!

では、減少してしまった肌にハリ感・弾力を与えるにはどうしたらいいか?これにはレチノールと呼ばれる成分が配合されたアイテムの使用をおすすめする。

レチノールは肌のターンオーバーをサポートし、コラーゲンの生成をサポートする成分の為、毛穴周りの皮膚にハリと弾力を与える=毛穴が目立ちにくくなる

nanana
nanana

肌内部のコラーゲンの生成をサポートするレチノールという成分。

ハリ感アップにはファーストチョイスしたい成分だ。

開き毛穴タイプのスキンケア方法

皮脂とビタミンC
  • 保湿をしっかり行い肌にうるおいを与える
  • 摩擦は極力避ける
  • 脂性肌:W洗顔不使用推奨、しかしテカリが酷い肌はW洗顔&朝は洗顔料で泡洗顔でもOK
  • 乾燥・混合肌:W洗顔は避け、基本はクレンジングのみ(皮脂・ニキビが気になる箇所だけ洗顔料で部分洗い)
  • 乾燥・混合肌:朝はぬるま湯洗顔を行う(皮脂・ニキビが気になる箇所だけ洗顔料で部分洗い)
  • ビタミンCをスキンケアに取り入れる

油分によって毛穴が目立つ開き毛穴には、肌の皮脂と水分量のバランスを整えることが重要である。

皮脂が多いから、洗顔で落とす、というのは不正解。

化粧水をバシャバシャすればいい、というのも不正解。

今ある肌の水分量を落とさないことがまず重要だ。

また、洗顔のし過ぎや肌への摩擦によって、肌が敏感状態になり肌自体が肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまっているというケースも存在する。

まずは自分の肌状態に合わせて洗顔方法を見直すこと。

これが出来た上で、皮脂のバランスを整えて、角質層を柔らかくし毛穴を引き締める効果のあるビタミンC配合のスキンケアを取り入れる事がおすすめ。

nanana
nanana

開き毛穴=皮脂テカ=脂性肌、とはいかないのが肝。

スキンケアのしすぎによるバリア機能低下でも皮脂分泌が過剰になることを頭に入れ、自分の肌に合った方法を見極めよう。

皮脂バランスを整えるビタミンCはぜひ取り入れたい。

逆に毛穴が目立たない肌ってどんな肌?

肌が綺麗な女性

毛穴トラブルの原因を知ることが出来たら、逆に毛穴の目立たないいわゆる毛穴レス肌ってどんな肌だろう?と想像してみてほしい。

  • 肌の水分量が多い
  • もっちり・ぷりっとしている
  • 触ると柔らかい
  • ハリ感・弾力がある

こんな肌ならば、ちょっと毛穴が詰まったところでちゃんとクレンジングや洗顔で排出されるし、そもそも毛穴周りの肌に弾力があるので詰まりにくい。

では自分の肌と比べると何が足りない?

洗顔やクレンジングを頑張っても毛穴汚れが上手く取れないのは、なぜ?

肌に柔軟性はあるか?乾燥してないか?

毛穴が詰まりにくく、汚れが排出さえれやすい、毛穴の目立たないなめらかな肌に近づくために何が足りてなくて何が余分なのか?

毛穴に良いとされる商品をインターネットで検索するよりも先にすべきなのは、自分の肌状態を良く知る事である

結論:毛穴自体をどうにかするのではない

鏡にもたれる女性

毛穴をどうケアするか、という概念に翻弄されて闇雲に、毛穴ケアできる・ごっそり取れる・角栓溶かす、といった強めワードのコスメパッケージに振り回され今日も落胆する私たちへ。

毛穴をどうにかするという頭を一度リセットして、自分の肌や毛穴はどんな風になっているのか・何が原因でこれが起きているのか・克服するために何が必要かを見極めた後で、毛穴ケアに最適な美容成分やコスメを選択していこう。

結果を急ぎ、手順を早めると、思わぬドツボにハマる場合がある。

自分も、あーこれは角栓が詰まっているから取り除かなくちゃ→また出てくる→ケアがエスカレートする→気付けば乾燥が進み油分過多で毛穴が開いてしまうという負のループに陥ってしまった経験がある。

自分の毛穴を誤解して、スキンケア方法を間違うと取り返しのつかないことになる可能性も。

一旦落ち着いて、SNSでの毛穴バズリコスメの囁きに乗るのは辞めて、鏡と向き合うことから始めてほしい。

健闘を祈る。

スキンケア
スポンサーリンク
nananaをフォローする
スポンサーリンク
脱ファンデ計画