〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ミノンの洗顔はニキビに良い?「ジェントルウォッシュ ホイップ」について解析!

ミノンアミノモイストのパッケージ

肌を今よりもきれいに保つ為のスキンケアにおいて、最重要は日焼け止め&洗顔だ。
特に現代人はクレンジングや洗顔料の常時使用により肌が必要以上に洗われすぎているという問題を抱えている。

ミノンアミノモイストのジェントルウォッシュは、「洗いすぎない」かつ肌の潤いを死守してくれるから潤い不足の乾燥肌にとっての名品だ。

今回はミノンの泡洗顔料の成分や人気の理由、実際の使い心地について徹底解説する!

  • ミノンの泡洗顔料って何が良い?
  • 肌荒れやニキビに良い?悪い?
  • 使い心地や成分について知りたい
nanana
nanana

もう洗顔料はアミノ酸系しか使えない。。。!

スポンサーリンク

肌をきれいにするためだけに金と労力と時間を全力で注いだ結果、脱ファンデに成功して2年。効果があったこと、無かったことを発信。ファンデ無くても生きれる。アプリ加工無くても生きれる。好きなものはビールと魚卵。
化粧品成分検定1級
化粧品成分上級スペシャリスト
日本メイクアップ技術検定2級
美容師国家資格
薬機法医療法広告遵守 個人認証 YMAA認証マーク 111(37)

nananaをフォローする

ミノンアミノモイスト泡洗顔はなぜ人気?

ミノンアミノモイストと空箱
  • マイルドなアミノ酸洗浄成分がベースだから肌の潤いの流出を防ぐ!
  • 保湿成分は肌のMNFを構成するアミノ酸をしっかり配合
  • 肌荒れやニキビ予防成分であるグリチルリチン酸2Kもプラス!
  • つっぱりにくく乾燥しにくい
  • 敏感肌にも使いやすい
nanana
nanana

一番のポイントはアミノ酸ベースで洗い過ぎず肌の潤いキープに貢献してくれること!

化粧水で保湿するよりもいかに現状のうるおいを維持するか。洗顔の仕方ひとつで肌は変わる。

アミノ酸系って何が良い?何が違う?

洗顔料の説明

一般的な洗顔フォームに含まれる洗浄成分は、石鹸系またはラウレス硫酸Naという成分が非常に多く流通している。

しっかりと汚れをオフしてはくれるものの、肌質によっては洗浄力が高すぎて乾燥が進むケースも少なくは無い。

  • アミノ酸系は、乾燥・敏感肌向でお肌の潤いの流出を防ぐ!
  • W洗顔する場合の洗顔料は洗浄力がマイルドなアミノ酸系がおすすめ
nanana
nanana

アミノ酸系の洗浄成分は、洗浄成分の中でも最も洗浄力がマイルドだから乾燥肌や敏感肌にはこっちの方がおすすめなのだ。

洗浄成分の選び方についてはこちらをチェック!

ミノンアミノモイスト泡洗顔はニキビや肌荒れに良い?

細胞間脂質

ニキビや肌荒れの原因の一つが、肌のバリア機能が低下することによって肌内部の潤い成分である天然保湿因子が流出し、外部刺激を受けやすくなってしまっている状態にある。

これにより、肌がゆらぎやすくなったりニキビが出来てしまうなど様々な肌トラブルを勃発。

こういった、「バリア機能の低下」による肌悩みの解決法は、ずばり天然保湿因子やセラミドを安定させることが真っ先に挙げられる。

  • ミノンアミノモイストジェントルウォッシュ洗浄力がマイルドだからセラミドや天然保湿因子の流出を防ぐ
  • 天然保湿因子を構成するアミノ酸成分を多く含むから、保湿力にも優れる
  • ニキビや肌荒れを防止するグリチルリチン酸2Kを配合している、
nanana
nanana

つまり、乾燥しやすいお肌に起こり得るニキビや肌荒れには予防効果を発揮!

ミノンアミノモイスト泡洗顔の成分解析と利点

ミノンアミノモイストの成分表

>>スライドで全表示

商品名ミノンアミノモイスト ミノン アミノモイスト ジェントルウォッシュ ホイップ
内容量150mL
全成分、ココイルグルタミン酸TEA、BGジグリセリン、コカミドプロピルベタイン、
メチルグルセス-10、ヤシ脂肪酸アルギニン、コカミドDEA、水酸化K、塩化Na、
フェノキシエタノール、グリチルリチン酸2K、エチドロン酸、ロイシンセリン
グリシンアラニンアルギニントレオニンバリンヒスチジンカルノシン
プロリンリシンHCl、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、
グリセリン1,2-ヘキサンジオール、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、
トコフェロール
説明ミノン アミノモイスト シリーズとは敏感肌・乾燥肌を皮膚科学に基づいて考えた
低刺激スキンケアシリーズ アミノ酸の保湿力で うるおい満ちて キメ・ハリ・つやのある肌へ
デリケートな肌のバリア機能を守って洗う保湿洗浄
ふわっふわの泡で肌をやさしく包んで汚れを落とし、洗いあがりがつっぱらない「泡洗顔料」です。
忙しい朝にも便利な泡タイプ。肌本来のうるおいを落としすぎず、しっとり柔らかな手触りの肌へ。
植物性アミノ酸系洗浄成分配合
出典:ミノン
nanana
nanana

青色ラインは水溶性保湿成分太字は油性のエモリエント効果(肌の水分蒸発を防いでうるおいを保ち肌を柔らかくする)のある成分!赤色ラインは肌荒れ防止効果やキメ整えるなどの効果期待できる成分

その他は増粘剤や乳化剤・安定剤や紫外線防止成分などの成分!

  • 客観的な成分解析をもとに表示しており、配合量および製造元の配合目的とは関係ありません
  • 化粧品成分ガイドに基づいて解析しております

洗浄成分はアミノ酸系の中でもマイルドなタイプ

アミノ酸の種類

実は、アミノ酸洗浄成分と一言で言っても洗浄力や洗い上りのさっぱり感など微妙に異なる種類が存在している。

ミノンの泡洗顔料に配合されているのは、アミノ酸系洗浄成分の中でも最もマイルドなグルタミン系であるココイルグルタミン酸TEAを採用!

  • グルタミン系ー保湿力がありしっとりとした洗い上り
  • アラニン系ー泡立ちが良い!洗浄力はアミノ酸系の中でも高め
  • グリシン系ーやや使用感悪め、石鹸のような洗い心地
  • タウリン系ーさっぱり!泡立ちは良くない
  • サルコシン系ー泡立ちは良い。最近では使われていない
  • アスパラギン酸系ー泡立ちが良く低刺激
nanana
nanana

だから、アミノ酸系の洗顔料の中でもミノンは特に洗い上りが「しっとり」すると言われているの!

肌本来の潤い成分であるアミノ酸成分も!

細胞間脂質

私たちのお肌には天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の潤い成分が含まれ、自ら水分を保持し、お肌をなめらかでみずみずしく保つた役割を担っている。

NMFは水分量の高いハリのある肌に欠かせない成分で、ミノンアミノモイスト泡洗顔にはこのNMFを構成するアミノ酸成分が配合されているのもポイントの一つ。

  • 天然保湿因子の40%を占めるのがアミノ酸という成分
  • ミノンアミノモイスト泡洗顔には11種類のアミノ酸が配合

※ロイシン、セリン、グリシン、アラニン、アルギニン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、カルノシン、プロリン、リシンHCl(保湿)

nanana
nanana

つまり!肌に元々ある潤い成分を構成するアミノ酸を配合することで肌の潤い力をサポート!

実際にミノンアミノモイスト泡洗顔を使用した人の口コミ!

星4つレビュー
nanana
nanana

日頃洗顔した後のつっぱり感が、当たり前だと思っている人にとってはこの洗い上り、感動もの。

良い!高評価の口コミ

口コミをする人

Amazonや@コスメのレビューを中心に様々な口コミから、特に多かったポジティブな声を以下にピックアップしました。

  • つっぱらない!乾燥しない!
  • 泡で出てくるから時短にもなる
  • 洗い上りがしっとり優しい
  • 泡が弾力があってふわふわ
nanana
nanana

やっぱり一番多い声は、乾燥しにくい!という口コミ。

微妙!低評価の口コミ

微妙な口コミ

Amazonや@コスメのレビューを中心に様々な口コミから、特に多かったネガティブな声を以下にピックアップしました。

  • 洗った感じがしない(さっぱり感が足りない)
  • 香りが気になる
  • 泡切れが悪い
nanana
nanana

普段の洗顔料でキュッキュとなるタイプを使っていると、どうしても洗えてる?と不安になるのは事実。

そのぐらい洗い上りがマイルドなのです。。。

口コミを元に実際にミノンアミノモイスト泡洗顔をレビュー

手にしたミノンアミノモイスト

乾燥肌や敏感肌に定評のあるミノンのアミノモイストシリーズ。

中でも全身シャンプーや洗顔料など、洗う系のアイテムが特に人気。

口コミを見てずっと使ってみたかったジェントルウォッシュをついに解禁。。。

香りは?

無香料ではあるものの、原料臭がやや気になる

香りに敏感な人には使いやすいが個人的には微妙な香り。。。

泡感は?

ミノンアミノモイストの泡

意外ときめ細かなこんもりとした泡で、柔らかくてなめらか。

アミノ酸洗浄成分って泡立ちにくさがネックではあるが普通にあわあわ、洗顔時に摩擦が起きにくい点が◎

ミノンアミノモイストの泡を手に出した

ただ時間が経つとへたりやすいのは事実。

洗い上がりは?

手の甲に出したミノンアミノモイストの泡

今までキュレルやなめらか本舗など数々の泡洗顔料を試してきたが、ミノンは自分史上一つっぱらない。

洗い上がりはすべすべで、急いで化粧水付けなくてもいいぐらい乾燥知らず。

ミノンアミノモイストの洗い上り

乾きやすい肌にはこの上無い喜び、でも脂性肌や洗い上がりのキュッキュッが好きな方にとっては物足りないかも。

個人的には◎

保湿力は?

ミノンアミノモイストの説明

あくまでも洗い流す洗顔料なので保湿効果、と言うほどは見込めないがやっぱり巷の石鹸系や高級アルコール系の洗顔料と比べるとしっとりしている。

ニキビや肌荒れには?

ミノンアミノモイストの質感

乾燥により肌のバリア機能が低下して起こる肌トラブル系にマッチしそう!

逆に皮脂過多による詰まりやニキビに対しては洗い上がりがしっとりし過ぎるので合わないかも。

乾燥肌の肌トラブルに◎

持ちは?

ミノンアミノモイストの裏

毎日2~3プッシュを1日1回で2ヶ月ほどは持つ。

朝と夜の2回使用となると2ヶ月は持たない、大体一ヶ月少しほど。

使って分かった!ミノンアミノモイスト泡洗顔のメリットデメリット

いいかわるいか
メリット
  • 洗顔後のつっぱり、カサつきが皆無に
  • 泡で出るので時短に繋がる
  • W洗顔用に負担なく使える洗顔料
  • 肌荒れやニキビ予防も出来て肌の治安維持にも◎
  • 泡が弾力があり摩擦が起きにくい
デメリット
  • 泡なのでなくなるのが早い
  • アミノ酸洗顔料の中ではやや高
  • 香りが微妙、原料臭がする
nanana
nanana

兎にも角にも、乾燥しない!っていうのが一番推せるポイント。また泡洗顔の最大のデメリットは洗顔フォームに比べると持ちがすこぶる悪い。。。

ミノンアミノモイスト泡洗顔はこんな人におすすめ!

皿の上のミノンアミノモイスト
  • 乾燥肌、敏感肌で洗顔後につっぱりやすい人
  • クレンジング後にW洗顔をする人(負担になりにくい洗顔料なのでW洗顔用にもおすすめ!)
nanana
nanana

兎に角、肌の乾燥に悩む人に全力で推したい。。。

逆にミノンアミノモイスト泡洗顔がおすすめじゃない人は?

考える人
  • オイリー肌で皮脂が気になる人
  • オイリー肌でニキビが出来やすい人
  • さっぱりとした洗い上がりが好きな人
nanana
nanana

乾燥による肌荒れやニキビにはマッチするが、皮脂過多によるニキビタイプは△
この場合は洗浄力がもう少し高くて皮脂をきっちり落とせるものがおすすめ。

ミノンアミノモイスト泡洗顔の使い方や順番!

ミノンアミノモイストの使い方説明

(クレンジング)→ミノンアミノモイスト泡洗顔→化粧水→美容液→クリームなどのいつものスキンケア

  • 適量は2〜3プッシュ
  • 顔を濡らし、摩擦を加えないよう泡の弾力で馴染ませる
  • ぬるま湯でしっかりすすぐ
nanana
nanana

泡立てなくていいっていうのが時短にも繋がる。

石鹸で落ちるタイプの日焼け止めやファンデには不向き!

ミノンアミノモイストのテクスチャー

洗顔料の中では洗浄力が最もマイルドなアミノ酸系は、石鹸よりも洗浄力がマイルドな為、石鹸で落ちるとよく記載されている日焼け止めやミネラルファンデは落とすことが難しいので注意

クレンジングを使わずに日焼け止めを落とす場合は石鹸系のものを使用すること。

どう違う?ミノンアミノモイストシリーズの他洗顔料との比較!

>>スライドで全表示

商品名ミノンアミノモイスト
ジェントルウォッシュ ホイップ

ミノンアミノモイスト
モイストクリーミィ ウォッシュ

内容量150ml100g
価格¥1,650税込¥1,650税込
洗浄成分アミノ酸系の中でも洗浄力がしっかりタイプの
ココイルグルタミン酸TEA!

肌荒れ防止成分:グリチルリチン酸2K
うるおい成分:アミノ酸成分
アミノ酸系の中でも洗浄力がしっかりタイプの
ココイルグリシンNa!

肌荒れ防止成分:グリチルリチン酸2K
うるおい成分:アミノ酸成分
洗浄力★★☆☆☆★★★☆☆
潤い★★★★☆★★★☆☆
説明忙しい朝も便利な泡タイプ
肌本来のうるおいを落としすぎず、
しっとり柔らかな手触りの肌へ
キメ細かいクリーム泡がゆらいだ肌を包みながら
やさしく汚れを落とすペースト状洗顔料
「ねばもち濃密泡」で洗うたび、しっとりつややかな肌へ
出典:ミノン
nanana
nanana

同じアミノ酸系洗浄成分ベースだけれど、洗浄力と洗い上りの潤い具合が若干差異あり!

洗い上りがさっぱり好み&でもつっぱりたくない人はモイストクリーミィ ウォッシュがおすすめ。

結論:砂漠肌が見直すべきは保湿剤より洗顔料

ミノンアミノモイストと空箱3

何を塗っても乾燥する・洗顔後はすぐに保湿しないとカサカサになりがち。
保湿を重ねても砂漠のようにカラリと乾く肌が心得るべきことは、化粧水の潤いがそのまま肌の潤いすり替わってはくれないということ。
肌本来の潤い成分である、セラミドやNMFの流出を防ぐことがファーストステップであり、保湿は二の次。

ならば見直すべきは洗顔であるということがおのずと分かるはず。
ミノンは乾燥肌・敏感肌勢に信頼を勝ち取り続けているスキンケアブランドであり中でも泡洗顔料は名品だ。

つっぱらない洗顔料選びの参考になれば幸いである。健闘を祈る。

洗顔料
スポンサーリンク
nananaをフォローする
スポンサーリンク
脱ファンデ計画