〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

インナードライにはヒト型セラミドを。エトヴォスの人気美容液をレビュー

肌が乾くたびに油を投下し、乾燥を恐れて乳液+クリームで常に顔はベタベタしている。布団に付きそうで心配だ。日中乾く隙あらばミストを浴びて水分キープ。

一体全体、なんでそんなに乾燥してるの?

慢性乾燥肌の私たちが補うべきは、セラミド一択であった。

スポンサーリンク

肌をきれいにするためだけに金と労力と時間を全力で注いだ結果、脱ファンデに成功して2年。効果があったこと、無かったことを発信。ファンデ無くても生きれる。アプリ加工無くても生きれる。好きなものはビールと魚卵。
化粧品成分検定1級
化粧品成分上級スペシャリスト
日本メイクアップ技術検定2級
美容師国家資格
薬機法医療法広告遵守 個人認証 YMAA認証マーク 111(37)

nananaをフォローする

無限ループ。改善されない乾燥肌に足りないものとは?

乾燥肌に油分は重要と耳が痛くなるほど聞かされてきた私たちへ。

水分が飛んじゃうから、油でフタは常識だ。しかし、それで乾燥が改善されただろうか?

キメ細かく毛穴の目立たないお肌はうるおいに満ち、ハリッハリで常に弾けそう

乾燥している肌は、今にもしわが出来そうな勢いでうるおいに欠け、そして弾力にも欠け、今にもしぼんでしまいそう

お肌がうるおっているとは、お肌の水分量が高いということなのだ。

そう、乾燥肌やインナードライには明らかに水分が足りていない

水分量=化粧水ジャバジャバは間違い

そうか、では化粧水で水分をたっぷりひたひたで補おう。だから蒸発しないように油分でフタをしよう、と言われる美容法が常識とされる現在。

理にはかなっているが、これではいつまで経っても乾燥肌は改善しない。

そして余談であるが、化粧水はいくら塗っても肌表面の角質層をふやかすだけであんまり意味が無くかえって肌を傷めるよ、という説もある。

詳しくは下記を参照してほしい。

では化粧水ジャバジャバではなく、どうやって肌の水分量を上げるのか?

それには必要な成分は、ずばりセラミドである。

兎にも角にもセラミドを。

セラミドは人間の肌本来に存在する成分である。どんな働きをしているか簡単にいうと、

  • 肌表面にある角質細胞をつなぎ合わせる接着剤のような役割
  • 水分を抱え込み、水分の蒸発を防いで肌の水分量を保持する役割

この2点である。

そして、肌に存在するセラミドの量は人によって差異があり、また加齢とともに減少する

このセラミドの量が肌のきめ細かさと、うるおいに大きく関わっているのだ

セラミドが少ないと、化粧水や乳液で何をしてもうるおい状態が続かずカサカサに

逆にセラミドが十分である場合はスキンケアを少々さぼってもお肌のうるおいはすぐに無くなることはない。

いくら保湿を重ねても改善されない乾燥肌の原因は、セラミドが不足しているということが考えられる。

では補うべきは高級クリームや化粧水ジャバジャバだろうか?

そうではない。補うべきはセラミドだ。

エトヴォスモイスチャライジングセラムが優秀

セラミドを補いたければ、セラミドが配合されているものを選択しよう。

それは化粧水や乳液でも問題ないが、高濃度である美容液をおすすめしたい。

数あるセラミド美容液の中でも、成分にこだわったエトヴォスモイスチャライジングセラムは乾燥肌に特化しており価格・効果・使い心地にバランスが取れた一本である。

高濃度のヒト型セラミドが肌の水分量をキープ

セラミドには大きく分けて4種類あり、エトヴォスモイスチャライジングセラムに配合されているのは一番効果のあるヒト型セラミドである 。

植物性セラミド植物由来の天然セラミド。安価。人の肌に存在するセラミドとは構造が違う
動物性(天然)セラミド動物から抽出したもの、人の肌に存在するセラミドと似ており高価。
疑似(合成)セラミド石油から合成されるのもで非常に安価。
ヒト型セラミド人の肌に存在するセラミドに一番近い構造で肌馴染みも良い。高価
※角質層まで浸透

さらにヒト型セラミドは特徴や働きによって細かく下記7種類に分けられ、エトヴォスモイスチャライジングセラムには5種類ものヒト型セラミドが含まれる

セラミド1(EOP)保湿効果と、外部刺激からお肌を保護する
セラミド2(NG)高保湿効果
セラミド3(NP)保湿効果に併せて乾燥による小しわを目立たなくさせる
セラミド4(EOH)角質層のバリア機能をサポート
セラミド5(AG)外部刺激からお肌を保護する
セラミド6(AP)お肌のターンオーバーをサポート
セラミド7(AH)肌を健やかに整える

敏感肌にも使いやすい成分構成

本来、エトヴォスとうブランドは、石鹸で落とせるファンデーションなどのミネラルコスメに定評があり、スキンケアに関してもお肌に優しい商品を数多く生産している。

エトヴォスモイスチャライジングセラムに関しても、

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • タール色素
  • 合成香料
  • パラベン
  • アルコール

が全て不使用。

エトヴォスモイスチャライジングセラムの使い方

公式には以下の通り。

化粧水の後、美容液を手のひらに2プッシュ取り、頬や額など広いパーツから塗ります。手のひらで顔の中心から外側に向かってゆっくり丁寧になじませます。

出典:ETVOS公式

実際使ってみたところ、化粧水を付けなくても十分うるおう

化粧水を抜くなら、お風呂上りや、洗顔後、顔がパリパリになるまえに馴染ませると良い。

エトヴォスモイスチャライジングセラムを実際に使ってみた感想

元々の肌状態と常のスキンケアは以下。

  • 慢性乾燥肌で油分を怠れば粉吹き芋状態、しかし額や小鼻、など部分的には脂性肌で小さなニキビが発生しやすい最悪な混合肌兼インナードライ肌
  • 土台美容液、化粧水ジャバジャバ、乳液、クリーム、アイクリームなどのスキンケア課金厨。

今まではスキンケア後はふっくらつやつやのお肌なのに、それが長続きしない、時間が経つと毛穴が目立ち乾燥とテカリで無法地帯。

そして実際にエトヴォスモイスチャライジングセラムを使って感動した2点を下記に記す。

肌馴染みが良い!なめらかに整う

とにかく肌馴染みが良くてすーっと肌に乗せると消えていく。

保湿力はしっかりあって、付けてすぐ肌はしっとりとなめらかに整う。

手を当てると吸い付くようなぷるぷる感。

乳液、クリームが不必要に

乳液クリームでベタベタにしなくてもこれだけでしっとりする。

つるんとしており、心の底から潤いを感じる。

肌の水分量が上がると、皮膚表面が柔軟になりふっくらするせいか、翌朝の化粧ノリも良く毛穴も目立たちにくい。

エトヴォスの美容液の存在は前々から知っていたが半年くらい買わないでいた。高いから。

今までのスキンケアラインナップにアイテムの追加、さらなる課金をするのに気が引けていたが、乳液もクリームも(最近では化粧水もしなくなった)色々辞めてこれ一本の方が安い。

エトヴォスモイスチャライジングセラムはこんな人におすすめ

  • スキンケアに注力しても乾燥している
  • 肌のキメが粗く毛穴が気になる
  • 複数のスキンケアアイテムを使うのが面倒

とにかく肌のキメ、毛穴、乾燥に共通するのは肌の水分量ではないだろうか。

ならば水分保持機能のあるセラミドを投下してみよう。

結論:補うべきはセラミドだった。

無知は罪である。人間、調べることを怠るとどんどん搾取の対象へ転がり落ちてしまう。

乾燥肌が防げないのは化粧品が安いから?とりあえず、デパコス使っとこう、とりあえず、口コミの良いやつを、とりあえず、あのモデルが使っているのと同じものを。

自分の肌に何が足りていないのかが重要なのに、それを飛ばしてどんな肌になりたいかだけを見据えて金をばらまいてしまうのが無限ループの始まりである。

何が必要かそうでないか、自分お肌と向き合い、調べる能力を身に付けよう。

乾燥・インナードライ肌に必要なのは化粧水バシャバシャではなかった。

水分を抱え込み蒸発させない力、それはセラミドである。

美容液
スポンサーリンク
nananaをフォローする
スポンサーリンク
脱ファンデ計画